初心者でも安心の駐車場経営【不動産経営のテク】

お試し入居に活用できる

積み木

新しい賃貸スタイルが登場

しばらく使う予定がない一戸建てなどを人に貸したいと思ったときに、不動産会社に仲介してもらう一般的な方法以外に、最適の賃貸方法があります。その方法はリロケーションという比較的新しい不動産サービスで、一定期間だけ空き家を活用するのに適した方法です。一定期間だけ無人となる家を管理会社が預かり、賃貸物件として貸し出しを行い家賃徴収や日常管理、明け渡し保証などの業務を扱うサービスとなります。このサービスは定期借家制度が制定され、貸し主の権利が保護がされるようになった事からサービスが拡大して、それにともない利用者も増えています。リロケーションを活用する事によって、貸主は賃料収入を得る事ができ建物の維持管理を心配する必要がなくなります。借主にとっても、一戸建て住宅の購入を検討している方などが、実際の一戸建て住宅に住んでみて、住み心地などを確かめるお試し入居としても活用できます。はじめてリロケーションを利用するという方にとって嬉しいサービスが、テンプレートの存在です。管理会社の多くは、ある程度内容の決まったプランをあらかじめ用意しています。一方で、用意されたプランを利用する場合においても、重要項目として管理方法や委託管理料などは良く検討する必要があるでしょう。また、リロケーションは期間を限定しての賃貸ですので、明け渡し時の原状回復などの保証や、借主の審査方法などもしっかり確認する事をおすすめします。空き家をお持ちの皆さんは、リロケーションをぜひ活用してはいかがですか。