初心者でも安心の駐車場経営【不動産経営のテク】

最新の家賃未払い対策

男女

入居条件に加える

賃貸物件の入居希望者に連帯保証人を用意させる主たる理由は、家賃の保証です。連帯保証人は入居者が家賃を支払わなかった場合、入居者の代わりに支払う義務があります。入居審査を厳しく行ったとしても、入居者が家賃を支払わない可能性はゼロにはなりませんから、保険として連帯保証人が必要になるわけです。ただ、近年は連帯保証人であるにもかかわらず、家賃の保証ができない連帯保証人が増えています。と同時に、家賃を支払わない入居者も増えています。そんな、賃貸経営を脅かす由々しき状況下で注目を集めているのが、家賃保証会社です。家賃保証会社とは、その名のとおり、家賃保証を業務とする会社であり、端的に言うと連帯保証人の代わりとなる会社です。業務にしているだけあって家賃保証の信頼性は連帯保証人よりも格段にありますから、家賃保証会社を賃貸経営で利用するケースは急速に増えています。もっとも、利用するといっても実際に契約するのは入居者です。では、どのように利用するのかというと入居者に契約を斡旋するのであり、具体的には入居の条件に家賃保証会社との契約することを加えるのです。前述したとおり、家賃保証会社は連帯保証人よりも信頼できますから、連帯保証人がいたとしても家賃保証会社との契約を入居条件にすることは賢明であり、そうしているケースが増えているのが現状です。そういったことですから、家賃保証会社は賃貸経営者側で予め選定、及び提携しておく必要があります。